コープCooking > おやこクッキング > 「旬」食材で食卓に、夏

おやこクッキング vol.3/「旬」食材で食卓に、夏

「旬」という言葉は、「おいしい時期」や「季節を先取りする時期」「収穫量がピークに当たる時期」という意味で使われます。最近では、1年を通じて店頭に並ぶ食材が増えましたが、「旬」の時期を知って、本来のおいしさを味わいたいですよね。汗をかく夏には、水分と一緒にビタミンやミネラルも補ってくれる、きゅうりやトマト、すいかなどをしっかり取るといいですよ。たこの旬は6月~8月。関西地方の一部では、半夏生(はんげしょう)※にたこを食べる風習があります。田植えが終わり、稲が地にしっかりと根付くように願い、くっついたらなかなか離れない旬のたこを食べると言われています。食べ物の旬を確認しながら、親子で台所から季節を感じるのもいいですね。
※半夏生(はんげしょう)=夏至から数えて11日目の7月2日ごろから七夕ごろまで

上手にギュッギュッ!丸めるよたこのコロッケ

材料(4人分)

  • たこ(ゆで)…150g
  • じゃがいも…400g
  • たまねぎ…1/2コ
  • サラダ油…大さじ1/2
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩…ひとつまみ
  • こしょう…少々
  • 小麦粉…大さじ2
  • たまご…1コ
  • パン粉…1/2カップ
  • 揚げ油…適量
  • きゃべつ…2~3枚
  • ミニトマト…8コ
  • <ソース>
  • ケチャップ…大さじ3
  • ウスターソース…大さじ1

作り方

  1. じゃがいもはゆでて水分をとばし、熱いうちにつぶす。
    フォークの背を使うとうまくいくネ
    たこは1.5cm角、たまねぎはみじん切りにする。
  2. フライパンに油を熱し、たまねぎを炒め、たこを加えてさっと炒める。しょうゆ・塩・こしょうで調味する。
  3. (1)のじゃがいもに(2)を混ぜ、8等分にして丸める。
  4. 小麦粉・溶きたまご・パン粉の順につけ、中温の油で揚げる。
  5. せん切りきゃべつ・ミニトマト・<ソース>を添える。

いろんな野菜を切ってみよう!ラタトゥーユ

材料(4人分)

  • スライスベーコン…2枚
  • たまねぎ…1コ
  • パプリカ(赤)…1/2コ
  • パプリカ(黄)…1/2コ
  • トマト(大)…2コ
  • なす…2本
  • ズッキーニ…1本
  • にんにく…1かけ
  • オリーブ油…大さじ2
  • <A>
  • 塩…小さじ1/2
  • こしょう…少々
  • ローリエ…1枚

作り方

  1. ベーコン・たまねぎ・パプリカ・トマトは2㎝角に切る。なす・ズッキーニは1㎝の輪切り、にんにくはみじん切りにする。
  2. 同じ大きさになるように切ろうね
  3. 鍋にオリーブ油とにんにくを入れて香りが出るまで炒め、ベーコン・たまねぎ・なす・ズッキーニ・パプリカの順に炒める。
  4. トマトと<A>を加え、ふたをして約15分煮込み、ふたを取り汁気がなくなるまで煮る。
おやこクッキングの目次に戻る

今週のアクセスランキング

手軽に楽しむアレンジおでん
餃子を極める
基本のだしのとり方 昆布とかつお活用術

Check! スマホサイトでお買物メモ機能がつきました 使い方などはコチラ

おいしく 無駄なく 使いきりレシピ
おやこクッキング おいしく、楽しい食育メニュー子どもと作ってみませんか
ラクうま満足 ひとり分ごはん ひとり分でもちゃんと食べたい人のための簡単レシピをご紹介

RSSフィード

ページトップへ